COC認証を取得し、森林資源の保全に協力しています

 森林認証は、世界的な森林減少・劣化の問題を背景として生まれた、「適切な森林管理」を認証する制度です。FSC®森林認証では、「森林管理のための10原則と基準」に基づき、適切に管理された森林を認証します。認証された森林の林産物でできた製品には、FSC®のロゴマークが付き、消費者に対して認証された製品であることを分わかりやすく伝えます。
 紙卸商である当社もまた、森林資源の保全に賛同し、2008年7月、FSC®COC認証を取得しました。搬入出時、在庫の各段階でFSC®認証のマークのついた紙に、それ以外の紙が混入しないように、つねに細心の注意を払って管理しています。
FSC
森林管理のための10の原則
  • 全ての法律や国際的な取り決め、そしてFSC®の原則を守っている。
  • 森林を所有する権利や利用する権利が明確になっている。
  • 昔から森に暮らす人々の伝統的な権利を尊重している。
  • 地域社会や労働者と良好な関係にある。
  • 豊かな収穫があり、地域からも愛され利用されている森である。
  • 多くの生物がすむ豊かな森である。
  • 調査された基礎データにもとづき、森林の管理が計画的に実行されている。
  • 適切な森林管理を行っているかどうかを定期的にチェックしている。
  • 貴重な自然の森を守っている。
  • 人工林の形成が、自然の森に影響を及ぼしていない。